利照堂センムのお寺歩き~一乗寺編②~

《山門》をくぐり、《参道》を歩くと綺麗な芝生とまるでオープンカフェにいるかのようなベンチがあります。
《絵馬》をかけるところもあり、ちょっと楽しげな空間となっています。

途中には《五重の塔》もあります。

《永平七十七世 丹羽廉芳禅師》の座像が祀られています。この方は《一乗寺さま》の《第二十五世》だけでなく
《曹洞宗総本山永平寺さま》の《第七十七世貫首》も務められました。また《曹洞宗梅花講》を全国に普及させることにも尽力されました。

おおきな《鐘楼》があります。現在でも時報や《除夜の鐘》で美しい音色を響かせています。

《鐘楼》の横には10人ほど座れる大きな伊予石で造られた石机と腰掛があります。
夏場は涼しくて気持ちよさそうですね。

4月中旬から下旬頃には藤の花が咲きます。以前に一度見たことがありますが、とても美しく感じました。
《境内》にあるとまた特別な雰囲気を感じさせるのかもしれませんね。

関連記事

  1. 利照堂センムのお寺歩き~曹源寺編①~

  2. 利照堂センムのお寺歩き~法城寺編②~

  3. 利照堂センムのお寺歩き~泉秀寺編①~

  4. 利照堂センムのお寺歩き~一乗寺編①~

  5. 利照堂センムのお寺歩き~光鏡院編③~

  6. 利照堂センムのお寺歩き~普済寺編③~

最近の記事

  1. お盆品

    2022.05.30

ブログカテゴリ

PAGE TOP