利照堂センムのお寺歩き~普済寺編②~

《庫裡》へ向かう途中には《地蔵菩薩さま》の立像があります。
後ろのソテツの葉が日よけの傘のようでほっこりします。

《飛龍庭》です。《客殿》から見ると分りやすいのですが、4つの石が龍の頭を、白砂利が胴体を♾(無限)の形となって表されています。今にも飛び立とうとする龍の(気》がそのまま向かいの木に流れ込んでいる為、大樹として成長しているという不思議な庭です。

《客殿》から見た時、こちらが《此岸》(迷いの世界)、丘が《彼岸》(悟りの世界)を表していま
す。仏さまの住む世界に龍に導いていただくような風にも見えます。

《聖観世音菩薩さま》がその龍の飛び立つ姿を見守っているかのようです。
様々な意味を含ませてくれてとても見ごたえがある《飛龍庭》でした。

《客殿》には《四国八十八カ所霊場》や《四国別格二十霊場》の御影額などが飾られています。
私も周ってきたいものです。

関連記事

  1. 利照堂センムのお寺歩き~一乗寺編②~

  2. 利照堂センムのお寺歩き~泉秀寺編②~

  3. 利照堂センムのお寺歩き~南叟寺編①~

  4. 利照堂センムのお寺歩き~楞厳院編③~

  5. 利照堂センムのお寺歩き~髙林寺編①~

  6. 利照堂センムのお寺歩き~曹源寺編③~

最近の記事

  1. お盆品

    2022.05.30

ブログカテゴリ

PAGE TOP