利照堂センムのおてら歩き~明光寺編②~

《本堂》に入りました。
全体的にすっきりした組子欄間に花?四つ葉?のデザインで統一されています。陽の光がたくさん入る明るい《本堂》です。新しい時代を感じさせる空間です。

《内陣》の欄間に《龍》の彫りがあります。見事な彫りです。周りがすっきりしているなで、より深みが感じられます。

《須弥檀》や仏具がケヤキ製は良く見ますが、灯篭もケヤキ製はなかなか珍しいのでは。水引も茶系の色なので全体的に明るく優しい感じにみえます。
ご住職のこだわりがみえますね。

《東序》に掛けられているのは《皆説禅》の軸です。
「皆、禅を説く」見るもの、聞くもの、感じるもの、すべてのものが禅に繋がるという意味です。

《ご本尊さま》は《阿弥陀如来さま》です。
金箔仕上げの立像となっています。

廊下も《位牌堂》もどこも明るいお寺さまですね。

《開山示衆》は、禅宗の創始者である《道元禅師》によって示された重要な教義です。禅の修行者に向けて説法するために書かれた文献の一部であり、《道元禅師》の思想を理解する上とてもで重要なものです。

《開山堂》入口に掛けられています。

関連記事

  1. 利照堂センムのお寺歩き~髙林寺編①~

  2. 利照堂センムのお寺歩き~大慈悲院編④~

  3. 志納瓦〜谷田 東光寺さま〜

  4. 静岡市 戦没者を追悼し平和を祈念する式典の準備

  5. 利照堂センムのお寺歩き~大慈悲院編①~

  6. 利照堂センムのお寺歩き~鳳林寺編③~

最近の記事

ブログカテゴリ

PAGE TOP